Category Archives: LPI

2V0-621受験資料を使用すれば、実際の仕事で必要な専門知識で身につけることができます

VMware vSphere 6に目指すべき資格は何ですか? 未経験の方にVCP6-DCV資格ほうがいいと思います。 2V0-621試験の受験者は、VMware VCP6-DCV認定を取得している必要があります。 VMware VCP6-DCV認定2V0-621は非常にレベルの高い試験であります。 Testpassportの2V0-621トレーニング資料はVMware VCP6-DCV認定2V0-621認定資格試験の準備の第一歩としては最適です。 VMware VCP6-DCV認定2V0-621試験概要: 試験番号:2V0-621 試験名称:VMware Certified Professional 6 – Data Center Virtualization Exam 試験時間:100 合格点:300 試験数:85 試験料:225ドル TestpassportのVMware VCP6-DCV認定2V0-621練習問題集はすべてのIT分野で高い権限を持っています。 弊社の2V0-621勉強資料は試験の目的の変更に合わせてタイムリーに更新されます。 TestpassportのVMware VCP6-DCV認定2V0-621(VMware Certified Professional 6 – Data Center Virtualization Exam)受験対策心理的なストレスを減らせるだけでなく、気楽に2V0-621試験に受かることもできます。 VMware VCP6-DCV認定の取得はキャリアを高めるチャンスです。ご自分の知識と経験を試してみませんか。 VMware VCP6-DCV認定2V0-621出題範囲: Section 1: Configure and Administer vSphere 6.x Security Section 2: Configure and… Read More »

LPICレベル3試験対策

LPICレベル3は、エンタープライズレベルでの仕事が出来る技術者を認定する試験であり、各分野の高い専門技術力を認定する資格試験です。LPICレベル3の認定は、かねてからの『最高技術レベルのLinux認定においてスキルを証明したい』という強い要望に応えて開発されました。LPICレベル3「Core」認定を受けるには、有効なLPICレベル2認定を得ている必要があります。LPICレベル3「Specialty」(117-302、117-303)認定を受けるには、有効なLPICレベル3「Core」(117-301)を得ている必要があります。しかしLPICレベル3「Core」試験とLPICレベル3「Specialty」試験を受ける順番はどちらからでも構いません。testpassportの試験に応じて、弊社はいろんなLPI試験対策として提供しています。TestpassportのLPICレベル3試験対策はLinuxのシステムデザイン、ネットワーク構築を行ったり Linuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を含んで、実際の試験とおなじです。初心者としても10~20時間の独学だけで、一発合格が可能!… Continue reading

LPICレベル3「Specialty」認定試験

認定名:LPICレベル3「Specialty」 試験正式名:LPI 303 Security Exam 認定証表示名:LPIC-3 Specialty               LPI-303 Security 前提条件: LPICレベル3「Specialty」認定を受けるには、有効なLPICレベル3「Core」を得ている必要があります。しかしLPICレベル3 「Core」試験とLPICレベル3「Specialty」試験を受ける順番はどちらからでも構いません。 勉強期間: 一般的な勉強期間の目安としては、1ヶ月~3ヶ月程度です。 受験費用: 21,000円(税込み)(予定) 試験実施方式: 試験方式はコンピュータベースドテスト(CBT)です。 コンピュータを使い、オンラインで約60問の解答を入力します。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。実技や面接はありません。 合否結果: 合否結果は試験終了と同時に判ります。 受験のメリット: 1、Linux環境での認証の技術及びシステムセキュリティを考慮したシステム計画、構成、設計、構築、実装できるかの能力を確認できます。 2、セキュアなシステムにするために、ぜい弱性及びその対策を評価し、トラブルシューティングができるかどうかの能力を確認できます。 testpassport LPI認定試験問題集は二つフォーム(pdfとソフト版)を提供して、pdf形式はプリントだけでなく、いくつのパソコンで使うことができます。ソフト版は実際の試験雰囲気を模擬したものです。… Continue reading

LPICレベル2認定資格

  認証のメーカー 認証資格 試験科目 詳細内容 Lpi認定資格情報: LPICレベル2認定資格:(相関情報、こちらへ ) 117-201 117-201試験概要 117-202 117-202試験概要 Continue reading

Category: LPI

LPICレベル3「Specialty」(LPI-302)認定試験

認定名:LPICレベル3「Specialty」 試験正式名:LPI 302 Mixed Environment Exam 認定証表示名:LPIC-3 Specialty                       LPI-302 Mixed Environment 前提条件: LPICレベル3「Specialty」認定を受けるには、有効なLPICレベル3「Core」を得ている必要があります。しかしLPICレベル3「Core」試験とLPICレベル3「Specialty」試験を受ける順番はどちらからでも構いません。 受験費用: 21,000円(税込み) 試験実施方式: 試験方式はコンピュータベースドテスト(CBT)です。 コンピュータを使い、オンラインで約60問の解答を入力します。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。実技や面接はありません。 合否結果:合否結果は試験終了と同時に判ります。 受験のメリット: 1、Linux、Windows、UNIXの混在環境でシステムインテグレートできる能力を認定します。 2、Linux、Windows、UNIXの混在環境でのキャパシティプランニングを評価し、トラブルシューティングができるかどうかの能力を確認できます。 Testpassport.jpの117-302(LPI 302 Mixed Environment Exam)過去問はpdf版とソフト版を提供して、pdfフォームは印刷するできて、ソフト版は実際の試験雰囲気を模擬したものです。貴方はTestpassport.jpのLpi練習問題を使って、自分のレベルを高めるだけでなく、自信も高くなります。… Continue reading