2V0-731問題集、2V0-731試験トレーニング資料、2V0-731学習材料、2V0-731試験資料、2V0-731勉強資料

By | November 22, 2017

TestpassportのVMware VCP7-CMA 2V0-731問題集はIT専門家によって研究されています。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731勉強資料はあなたの成功への礎になれることだけでなく、IT業種でもっと有効な能力を発揮することも助けられます。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731試験問題集はあなたが身に付けるべき技能をすべて含んでいます。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731試験トレーニング資料を利用したら、あなたが気楽に試験に合格することができるようになります。
当社のVMware VCP7-CMA 2V0-731問題集は、試験が必要なすべての質問に含めています。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731学習材料を利用することは正にその最良の方法です。
いつでも最新のVMware VCP7-CMA 2V0-731試験資料を持っていることを保証します。

試験番号:2V0-731
試験名称:VMware Certified Professional 7 – Cloud Management and Automation Exam (VCP7-CMA)
所要時間(分):110
関連する証明書:VCP7-CMA
質問数:85
試験製品:VCP7-CMA
合格点:300
推奨トレーニング:VMware vRealize Automation:インストール、設定、管理[7.0]
検証済み:VMware vRealize Automation 7
試験価格:250米ドル、価格の詳細
試験言語:英語
最初に利用可能なアポイントメント:2016年12月1日
フォーマット:単一および複数選択、プロクタード
試験の情報最終更新日:2016年12月1日

弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731試験トレーニング資料を利用したら、最新のVMware VCP7-CMA 2V0-731認定試験の問題と解答を得られます。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731試験問題集は現在で一番人気があるダウンロードのフォーマットを提供します。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731参考書を利用したら、あなたは試験に準備する時間を節約することができるだけでなく、試験で楽に高い点数を取ることもできます。

VMware VCP7-CMA 2V0-731出題範囲:

+セクション1:自動化青写真の作成と変更vRealize
+セクション2:テナントとビジネスグループの設定と管理
+セクション3:vRealizeオートメーションと関連コンポーネントのインストールと構成
+セクション4:vRealizeオートメーションカタログの設定と管理
+セクション5:ファブリックグループとエンドポイントの設定と管理
+セクション6:vRealizeオートメーション実装を拡張する

Testpassportは、効果的にVMware VCP7-CMA 2V0-731試験に合格する候補者を助けることができるの認定試験を取るしたい人のため特に便利なサイトです。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731勉強材料を選択すると、あなたが望むものを選択することです。
弊社のVMware VCP7-CMA 2V0-731勉強資料が審査し、あなたが知る必要がある答えのすべてのコンテンツをカバーしています。
最新のVMware VCP7-CMA 2V0-731試験の認証と試験準備プロバイダのリーダーである解決するために便利なオンラインサービスを提供します。
VMware VCP7-CMA 2V0-731無料サンプル

1.In the vRealize Orchestrator client, where can an administrator view the workflow and repair validation errors?
A. Runtab in workflow editor
B. Validationtab in workflow editor
C. Workflowtab in workflow editor
D. Schematab in workflow editor
Answer: C

2.A user receives a submission page with a red exclamation when attempting to submit a request.
Which option best explains this behavior?
A. The approver has NOT approved the request.
B. The user exceeded the allowable resources for that request.
C. Actions have NOT been assigned to that item.
D. The user is NOT entitled to that resource.
Answer: B

3.Which two items are required for an administrator to successfully create a vSphere reservation? (Choose two.)
A. A reservation policy
B. A business group
C. A compute resource
D. A network profile
Answer: A,D

4.What specific action must an administrator take before deleting an approval policy?
A. Deprecate the policy
B. Unpublish the policy
C. Deactivate the policy
D. Decomission the policy
Answer: C

5.A compute resource in a fabric group has 100 GB of memory.
The following memory reservations were created from the compute resource:
Business Group A: 60 GB
Business Group B: 60 GB
What would be the expected result of this configuration?
A. Both business groups will compete for memory resources.
B. Both business groups will be guaranteed 50 GB of memory
C. Business group A will be guaranteed 60 GB of memory
D. The configuration will result in an error.
Answer: C

6.Which two options are supported for the laaS database in a minimal deployment of vRealize Automation? (Choose two.)
A. Microsoft SQLServer installed on the IaaS server
B. Microsoft SQL Server installed on an external server
C. PostgreSQL Server installed on an external server
D. PostgreSQL Server installed on an IaaS server
Answer: A,C

7.Which two statements are true when configuring redundant, high availability vRealize Automation proxy agents for one vCenter Endpoint? (Choose two.)
A. Agent names must be identical
B. Agent configurations must include different vSphere credentials.
C. Agent configurations must be identical.
D. Agent named must have the same root with the extension01and02.
Answer: A,C

8.The vRealize Orchestrator Server Configuration for XaaS activity needs to be pointed to an external server for all current and future tenants. The default server configuration is currently in use.
Which two options accomplish this task? (Choose two.)
A. Log into the default tenant as a system administrator.
B. Configure the external vRO connection under theInfrastructuretab.
C. Log into the default tenant as a tenant administrator.
D. Configure the external vRO connection under theAdministrationtab.
Answer: A,D